HOME > カレーパン食生活研究所 > おいしいカレーパンの温め方 その1~蒸す~

カレーパン食生活研究所

2013年03月25日    

おいしいカレーパンの温め方 その1~蒸す~

あのカリッジュワッなカレーパンに戻すべく,俺が選んだ調理法は「蒸す」!
蒸すとは「水を加熱し発生した湯気を利用して食品を加熱する調理法である。」(Wikipedia より)  ってことのようです。って聞くと「そんなこと言うとカリッとしたカレーパンにならないじゃん」とか思われるかもしれませんが、そこはきちんとした論理があるのです。

カレーパンは揚げてある。
揚げてあるから表面は油
油は水をはじく

ってことは,「蒸したとしても,表面が油でコーティングされているため,カレーパンがベトベトになることはない!!」ってことです!!

理論もさることながら、実践です。
今回は、セブンイレブンの「トロッとスパイス香るカレーパン」を使いました。
mushi02.jpg

念のため8個用意しました
mushi01.jpg

まずは蒸し器!これにエビアンのお湯を張って〜パンをセット!
mushi03.jpg
mushi04.jpg

そして、
3 分。。。
5 分。。。
そして 10 分それぞれで蒸し上げる!

結果がこれ!どーん
■3min

mushi05.jpg

■5min
mushi06.jpg

■10min
mushi07.jpg


なんか違う。。。
時間がたつほどにぺっちゃんこ。
しかもずっしり重い、柔らかい。
オモッテタノトチガウ。。。

なんか、高さ測ると、蒸す時間が長いほどぺっちゃんこ。

実際に食べてみると。。。

すっごい油っこい!
パンのふっくら感がまるでなく、ただただ表面に浮き出る油だけが口の中に広がります。

内訳は
・3min
          中は水分を含むもちょっとふっくら気味に見える。
          下の面がべっとりだけど、,生地がもっちり。
・5min
          裏面が白い.水分含みすぎ
          相変わらずもっちりだが、生地に空気が含んでいる感がまるでない。もっちり感は 3min のほうがあり,むしろ柔ら    かく噛みやすい。
          油がしっかりパンに含まれていて、むしろ脂っこさが全面に出てくる。
・10min
          ほとんど 5min と変わらないが、パンの味が全くしない。
          正直、このクオリティのパンを 3 つ食べ続けることがしんどい。


水が悪いと思って,水道水を使うも結果は同じでした。

もうね、カレーパンは蒸しちゃダメ!!

labo.jpg


 

カレーパン食生活研究所