HOME > カレーパン食生活研究所 > おいしいカレーパンの温め方 その2~野外~

カレーパン食生活研究所

2013年04月15日    

おいしいカレーパンの温め方 その2~野外~

今回のカレーパンは【山崎製パンのカレーパン】スパイスのきいたジューシーな本格カレーパンをチョイス。
じっくり煮込んで野菜と肉の旨みを引き出したスタンダードな味付けが、長年にわたり幅広いお客様に支持されているそうです。おすすめの温め方は電子レンジとのこと。

しかし、うららかな春の日差しに誘われて、アウトドアでカレーパンを温めてみることにしました。
out01.jpg

温める方法は、【炭火炙り】【ダッチオーブン】
まずは、炭火炙り用に串を用意します。串も金串と枝の2種類を用意。枝を炙り用にカットします。
out02.jpg
※枝は自宅から持参したものを使用しています。
カットした枝と金串をカレーパンにさしていきます。
out04.jpg

串にさし終わったら、炭を熾していきます。
out06.jpg

なかなか、思うように火が熾らないので。。。生のカレーパンを一口。生だとかなり、しっとり系です。
out07.jpg

それでも、まだまだ火が熾らないので。。。フルーツと野菜を食べてカレーパンへの期待をふくらませます
out08.jpg

そんなしているうちに炭がいい感じになってきたので、金串の方から炙っていきます
out09.jpg

金串。。。熱い!熱い!熱い!
置いてみました。便利です。
out10.jpg

では、裏面も。とひっくり返そうとしたらヤバい!金串のところから破れてきた!金串危険!!!
out11.jpg

次は、枝で。。。枝。。。すごい!枝の安定感は手に吸い付くようでカレーパンもビクともしません。
out12.jpg

金串も枝もいい感じに炙られてきました。こちら!どーん
■金串 炙り時間の目安は片面1分くらいです
out13.jpg
out15.jpg

■枝 こちらも炙り時間は片面1分ほど
out14.jpg
out16.jpg


どっちもサックサクでめちゃめちゃおいしい!!!温めた方が30倍おしいいです!
味は金串も枝もだいたい同じくらいおいしいです!が炙る際の扱いやすさの点では枝の方が
格段に扱いやすかったです。落ちている枝があればすぐに、カレーパンに刺して使えるのもいいですね。
枝は太めがおすすめです。今回、使用したのは直径1.5cmくらいです。
out100.jpg

続いて【ダッチオーブン】での温めスタート!まんべんなく温まるよう蓋の上に豆炭を置きます。
out17.jpg

そしてカレーパンをセット
out18.jpg

一分後。。。全く変化がありません。。。
out20.jpg

ちょっと待ちきれないので、トマトを焼いてみました
out21.jpg
out22.jpg

うま~い!!!!!!

そうしているうちに(片面5分、裏返して5分)、ダッチオーブンinカレーパンもいい感じになってきました。
out23.jpg

out25.jpg

切ってみると。。。ヤバいです!炙りの時の20倍ヤバいです!中のルーもアツアツトロトロです!
out26.jpg

ダッチオーブンで温めると芯から温まるのか、まさに、中はトロトロ外はサクサクの仕上がり
これはヤバいですよ!!!!!

結論:炭火炙りダッチオーブンともにカレーパンの温めにはピッタリと言えます!
そして、なにより青空の下で食べるカレーパンが最高においしい!!!
ゴールデンウィークのアウトドアのお共にはカレーパン超おすすめです!

out27.jpg

※注意点:ダッチオーブンで裏面を温める時は中の温度が上がっているので時間に注意!こうなります...
out555.jpg

labo.jpg

カレーパン食生活研究所