起業家の悩み

本当の悩みに気がついていないという怖さ!

クライアントに、

「今の悩みはなんですか?」

と質問をして、

すぐにアドバイスをしても

問題解決にはならないことがあります。

それは、

クライアントは自分が悩んでいることや

問題がどこにあるのかがわかっていないので、

「このままではいけない!」という

漠然とした不安感から

相談に来ているだけなのです。

1ヶ月ほど前のことになりますが、

協会の主催者から、

「新規集客で困っています。」

とご相談がありました。

セミナーを開催して、

講座の参加者を募集していたのですが、

1月~2月末までの2ヶ月間で

セミナーの参加者が17名、

講座のお申込みが3名、

成約率が17.6%

との結果だったようです。

講座には15名を集めたいので、

全然人数が足りません。

すぐにでも

講座のお申込みを増やすために

「新規集客」を教えて欲しい

ということでした。

でも、お話を全て伺った後に、

私は「クロージング率を上げること」

を提案しました。

・セミナーの資料の見直し

・当日のセールストーク改善

・アフターフォローを取り入れる

この3つをお伝えした時は

「クロージングは苦手なことなんです。」

と言われましたが、

結果を出すためにはここから

手をつけて欲しいと説得しました。

それから、3日くらいたったころ

「今日は、4名受講されて3名申込されました。」

と喜びのメールが入ったのです。

そして、

説明会を開催するたびに

クロージングは成功して、

1ヶ月間の成績は・・・

説明会の参加者14名

講座のお申込み9名

成約率64.3%

という結果になりました!

ついこの間、

「説明会の参加者が少なくても、

 かなりの確率で契約をいただける

 自信があります。」

と嬉しそうに話してくれました。

なにも、

これは特別な事例ではありません。

あなたのクライアントも、

自分自身の本当の問題が何なのか、

わかっていないことがほとんどです。

本当の問題は、

いくつかの問題が複雑に絡まってしまい

どこから解決したら良いのかが

わからない事もたくさんあります。

クライアントは、

最初から悩みが明確ではなかったり

問題がどこにあるのかが

わかっていないものなのです。

だからこそ、

専門家であるコンサルタントに

相談にくるのです。

隠された問題をみつけだすことは、

そんなに難しいことではありません。

①現状について数値データも含めて

②どのような結果を得たいのか

③結果をだすために障害になっていることは何か

この3つについてお話をいただくと

問題点が明確になってきます。

どうか、

クライアントの最初の悩みを聞いて、

すぐにアドバイスをすることだけは、

ご注意くださいね。